「HELLO ふらプリ」 Prince Grand Resort Furano

記事 ~ HELLO ふらプリ ル・ゴロワ フラノ ~ ~ HELLO FURAPURI Le Gaulois Furano~

こんにちは!

「HELLOふらプリ」、今回は新富良野プリンスホテル敷地内レストラン『ル・ゴロワ フラノ』をご紹介します♪

 

Hello everyone!

HELLO FURAPURI would like to introduce a restaurant located in the Shin Furano Prince Hotel property, the Le Gaulois Furano.

Le Gaulois Furano is a new Italian restaurant that opened in May of 2018.

 

2018年5月にオープンした、新イタリア料理レストラン『ル・ゴロワ フラノ』。

シェフは、東京・表参道で北海道食材にこだわったレストランとして名をはせた「ル ゴロワ」のシェフ大塚健一氏です。

大塚氏は「食材は穫れた場所で食べるのが一番美味しい」という思いから富良野へ移住。

東京時代に出会った脚本家:倉本聰氏監修のもと、新富良野プリンスホテル敷地内に『ル・ゴロワ フラノ』を構えました。

 

Chef Kenichi Otsuka was a chef of Le Gaulois in Omotesando, Tokyo that gained fame through its elaborate dishes using Hokkaido ingredients.  

From his awareness, “ingredients are the most delicious when eaten at its harvested home,” he decided to move to Furano.

With the guidance of screenwriter So Kuramoto, who the chef met in Tokyo, Le Gaulois Furano was created in the Shin Furano Prince Hotel area.

 

 

東京時代から北海道の生産者や漁師と自ら直接会い、繋がり、新鮮な食材の魅力を余すことなくお客さまへ届ける、食材へのこだわりもひとしおです。

Since the time the Chef was in Tokyo, he directly met and connected with the farmers and fishermen of Hokkaido. He continues to deliver the deliciousness of the fresh

ingredients at its full potential and his fascination for ingredients is extraordinary.

現在ももちろん、生命力溢れる地、富良野、中富良野、芦別、白糠、寿都等々道内各所から穫れたての食材が毎朝のように届き、新鮮なうちに召し上がっていただく、そうすることでお客さまが幸せになれると考えます。

And of course, even now, the freshly harvested ingredients are delivered almost every morning from the lands full of life, from Furano, Nakafurano, Ashietsu, Shiranuka, and

Suttsu and more. And the hope is to bring happiness to guests who eat the fresh ingredients.

 

メニューは倉本聰氏と共に試行錯誤、「生産者への敬意」を抱き、素材の持つ自然の香りを生かす料理を提供しています。

Honoring the producers of the ingredients, the menu was created with Soh Kuramoto, providing dishes that apply the ingredients’ scents of nature.

前菜のプレートでは、北海道の恵みを余すことなく表現。

e appetizer fully expresses the grace of Hokkaido.

坊ちゃんカボチャのポタージュ

Bocchan Kabocha Potage.

主菜の肉料理、魚料理は、薪窯の熾火でじっくりと調理し、素材の持ち味を最大限に引き出します。
熾火で炙った際に纏う香りがまた鼻孔をくすぐり、食欲をそそります。

The main meat and fish dish is thoroughly cooked in a wood fire kiln to bring out the best flavors.

The scent of ingredients on fire brings delight to your noses and sparks your appetites.

実はこの薪窯、稀代の左官職人と言われる挟土秀平氏が、鉄を用いて富良野の森のクマザサをモチーフに造ったもの。

そのユニークな姿は、レストラン入り口の横に見ることができます。

Syuhei Hasado, an extraordinary plaster craftsman, made the kiln using iron and the Furano Kuma bamboo grass as its motif.

This unique piece is stationed next to the restaurant entrance.

白糠「茶路めん羊牧場」仔羊肉の炭火焼き

Lamb meat from Charomen Hitsuji Bokujo, Shiranuka town, prepared on firewood.

そしてデザートのグレープフルーツプリンも『ル・ゴロワ フラノ』のとっておきの一品。

こちらは、サービスとして、またパティシエールとしても活躍するマダム、大塚敬子氏によるもの。

And the grapefruit pudding is one of the best dishes of Le Gaulois Furano.

This dessert is made by Madam Keiko Otsuka, who works as a server and patissier.

シェフの料理のしめくくりとして、お客さまに堪能していただいた大切なイメージを崩さないように・・・との思いがこもります。

This dessert is made by Madam Keiko Otsuka, who works as a server and patissier.

 

今回ご紹介したメニューは「ル・ゴロワ 定番コース」(本日の前菜、スープ、数種の中から選ぶ主菜、自家製パン、デザート、食後の飲み物)。

この他にも「富良野の森コース」、「北海道とびきり旬のコース」をご用意、ランチタイムも3種のランチコースから選ぶことができます。

We have introduced the Regular Course of Le Gaulois Furano (Today’s appetizer, soup, a selection from the main course, the restaurant made bread, dessert,

and an after-meal drink).

Additional courses such as the Furano Forest Course and Hokkaido Special Seasonable Course, and also three lunch courses are offered.

シェフ大塚健一氏、マダム大塚敬子氏に、料理やレストランに対する想いをうかがいました。

We asked for The Chef and madam’s thoughts regarding cooking and the restaurant.  

東京の「ル・ゴロワ」を始めた当時から北海道の心のある生産者の方々と繋がり、心のこもった良い素材を新鮮なまま届けていただいています。

手をかけすぎずに手間を惜しまず、シンプルだけれども基本を大切にした料理を心掛けています。

すべてはお客さまに喜んでいただくために料理を作る、それに尽きます。

料理はもちろんですが、お客さまにはマダムのサービスと一緒に店内のリラックスできる雰囲気も楽しんでいただきたい。

これだけの素晴らしいロケーションのレストランは日本でも数少ないと思います。

馬が草を食む姿を見ながら地元の美味しい素材を味わう、そういう幸せを感じていただけると嬉しいです。

From the time I began Le Gaulois in Tokyo, I am connected with the producers from Hokkaido and provide heartfelt and quality ingredients while they are fresh.

Cooking without many methods and while putting effort and time as an important factor; simple, but the emphasis on the foundation.

The prime key is to make dishes that bring joy to the guests.

We would like the guests to also enjoy the relaxing environment with the service by Madam Keiko.  

It’s quite rare in Japan for a restaurant to be in such a wonderful location.  

Our wish is for guests to feel a sense of happiness when eating delicious local foods while viewing horse feed on grass.  

店名にある”ゴロワ”とは、フランスの先住民族のことを表します。フランス人にとっては祖先であり、魂を持った言葉、温かいものを感じる言葉です。

その魂を持った心のある言葉を用い『ル・ゴロワ』と名付けました。

農業大学に通っていた時、農業の大変さや大切さを学び、農家のおじいさんおばあさんに育てていただきました。

畑を大切にすることは食材を大切にすることにつながり、その心のこもった食材を皆さんにお届けしたいです。

レストランって、お客さま一人一人の人生の一部だなと思うんです。

ただご飯を食べにくる場所ではなく、色々なことがある人生の過程の中での一つの場所でありたい、

何かがあった時に『ル・ゴロワ』に行きたいな、ここに来るとホッとする、幸せだなと思っていただけるような場所でありたいと思っています。

『ル・ゴロワ フラノ』の店内の椅子もテーブルも家具も、東京時代のものを持ってきています。

東京から来てくださったお客さまにも、初めてのお客さまにもどこか懐かしいなという思いを抱いていただけると嬉しいですね。

The word Gaulois refers to the indigenous people of France. Gaulois are ancestors of the French. A word that holds a spiritual and warm sentiment.  

From this, the restaurant was named, Le Gaulois.

When enrolled in an agricultural college, I learned the importance and difficulties of agriculture. And I was cared for by the farming grandfathers and mothers.

I believe embracing the farming fields connects to embracing the ingredients for cooking. I would like to deliver wholehearted ingredients as such.   

I believe restaurants are part of each and everyone’s life.

Not just a place to eat, but also a place that is one part of the many things that go on in everyone’s life.

We wish it to be a place that you want to go in all happenings of life, a place that brings you relief and happiness.

The chairs and tables in Le Gaulois Furano were brought from Tokyo restaurant.

It would bring me joy if guests from Tokyo and first-time guests can experience a sense of nostalgia when you visit.

『ル・ゴロワ フラノ』内で、倉本聰氏の点描画を観ることもできる。

Inside the restaurant, you can see the pointillism works of So Kuramoto.

 

 

ル・ゴロワフラノ

富良野マップ

 

営業時間:ランチ/12:00NOON~2:30P.M.(ラストオーダー1:30P.M.)

     ディナー/  5:30P.M.~8:30P.M.(ラストオーダー7:30P.M.)  

              ※ランチ・ディナー共にご予約制

Business Hours: Lunch 12 – 2:30 pm (Last order 1:30 pm)

                        Dinner 5:30 – 8:30 pm (Last order 7:30 pm)

                        Must reserve for both lunch and dinner

                        Closed Monday and Tuesdays

 

定休日 :毎週月・火曜日

      ※季節により定休日に営業する場合がございます。その場合は振替休日がございます。

      ※11月にメンテナンスクローズ期間がございます。

May be open on regularly closed days depending on the season. In this case, there will be alternative closing days.

There will be closings for maintenance in November.  

 

利用年齢: 6才以上のご利用(未就学児の入店はお断りいたします。)

For guests six years and older (we kindly do not accept children under primary-school-age)

 

ご予約 : TEL  0167-22-1123(ご予約専用ダイヤル)

ご予約受付時間:10:00A.M.〜5:00P.M.

For reservations: Call 0167-22-1123 (calls for reservations only)

Reservations reception: 10 am – 5 pm

 

※料金には消費税8%、サービス料10%が含まれております。

※仕入の状況により食材・メニューが変更になる場合がございます。

※食物アレルギーによるメニューの変更は致しかねますので、予めご了承ください。

※季節により料金が変動する場合がございます。

Bill includes an 8% tax and 10% service charge.

Menu and ingredients may change due to ingredients stock.

We cannot change the menu due to reasons for allergies.

Costs may change depending on the season.

HASHTAG ハッシュタグ

HELLLO ふらプリ

あなたの”したい”を探せるポータルサイト「Helloふらプリ」。
新富良野プリンスホテルに泊まって体験できるコトをご提案。
富良野をまるごと楽しもう!

新富良野プリンスホテル予約サイトへ
「HELLO ふらプリ」Prince Grand Resort Furano